相続対策は生前から行うのがベストです!

相続対策・遺言相談センター

 公認不動産コンサルティングマスターと行政書士その他の専門家がトータルで相続対策のご相談に応じます。。

お気軽にお問合せください(平日9:00~18:30)

03-6907-2281

  e-mail  kinfo7512@iwai-cc.jp

法定後見制度と任意後見制度

1,法定後見
  精神上の障害(認知症など)で判断能力が不十分になった人の社会生活を支援する制度で
  す。家庭裁判所が選任します。家族が希望しても選任されるとは限りません。被後見人の
  生活に必要な費用しか認められず、使い勝手がよくないとも言われます。不動産の処分は
  なかなか難しいようです。後見人への報酬は裁判所が決めます。財産額によりますがそれほ
  ど低額ではないようです。
2,任意後見
   任意後見人は後見契約で自由に選べます。家族もなれます。実際に後見事由に該当したら
   すぐに家庭裁判所に任意後見監督人の選任を申し立てなければなりません。後見人の裁量
   は大きくないようです。後見人への報酬は契約で決めますが、後見監督人への報酬は裁判
   所が決めます。